ブリ料理

料理

釣りにはよく出かけていました。

最近は、なかなか暇が取れず、回数が減っています。

海で、船から釣ることがほとんどです。

いつもというわけにはいきませんが、釣れるときは一度にたくさんとなることも多いです。

ここ2年は俗にいう青物、魚種としてはブリ(ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ)が良く釣れました。お店では、ブリと言われることが多いですが、私たち釣り人はサイズに厳しく(?)ツバスだ、ハマチだとうるさいですが、、、、

写真のように一度にたくさん釣れるのもこの魚の特徴です。

一度にこれだけたくさん持って帰ると後の処理が大変です。近所の人や知り合いにおすそ分けするにしてもマルのままというわけにもいきませんから最低でも下処理だけはその日のうちにしてしまいます。

刺身用の柵どり、切り身までしてしまうと、たくさんの端の身やあらがでます。

人によっては全部捨ててしまう人もありますが、私は命をいただいたのだから、大事に食べてあげたいと考えています。

スポンサーリンク

定番料理

ぶり大根

料理番組などで紹介されるぶり大根は

ぶり大根

料理番組などで紹介されるぶり大根は、写真のように、ハマチやブリの切り身を贅沢に使うことが多いですね。我が家でも時々はしますが、定番はあらを使ったぶり大根が多いです。

骨からコラーゲンがたっぷりと出てきますし、出汁が非常に良いです。頭と中骨から良い出汁が出るのです。捌くときに中骨にも結構身がついていますし、頭も脳天、鰓蓋などおいしい身が残っています。

奥さんは、骨から外すのをめんどくさがりますので、私が当眼鏡をかけて身を外してあげます。奥さんも喜んで、お汁に浸しながらご飯を食べています。

残ると、小さな器に移し替えて、煮凝りにして次の日の昼ごはんに食べてます。

ちっさな幸せです。

漬け

ツバスやハマチを捌いて、柵どりをすると、整形するとどうしても小振りになります。

この段階で、煮切った味醂とお酒に醤油を加え、漬け汁を作っておきます。

柵どりした時の端のほうの身を、一口サイズに切り、この中にどんどんとためていきます。

このぶりの漬けは、漬け方が浅いものはこのまま生で食べてもおいしいです。刺身と異なり日持ちしますから、しっかり漬かったものをアツアツのご飯の上に並べて、ちょっとわさびを置いてお茶をかけてお茶漬け、これもおいしいです。

もう一つの我が家の漬けを使った定番料理は、ぶりの漬けの手コネずし。

この手コネずしは、伊勢地方の郷土料理でカツオを漬けにして刻んだ大葉、ゴマ、刻んだ紅ショウガなどと一緒に酢飯に混ぜたお寿司ですが、これをヒントに我が家ではこのハマチ、ブリの漬けで作ります。

混ぜるだけでできますから、非常に簡単です。

それでも食べきれない時には、漬け汁にしょうがを加えて冷凍しておきます。ちょっともう一品欲しい時などに、炙ったり、フライパンで焼いたりするとおいしいおかずの出来上がりです。

ツバスのきずし

きずしといえば、サバ、鰆、アジで良く作ります。鯛を薄く〆ても上品に仕上がります。

ツバス(30㎝程度のブリ)がたくさん釣れた折にツバスのきずしを試してみました。

サバと比べれば、身は硬く厚さもありますから、塩で半日、酢で半日とちょっと長めにつけてみました。

皮を引いて、薄く切るとちょうどいい感じです。

わさびで食べました。日本酒のあてにぴったりです。

機会があったら是非試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました