カレーのベースと具材

スパイス

カレーペーストを使えば手軽にカレーが作れると考え
カレーペーストを何種類か作ることをしています。⇒ カレーペースト作り

具材は、肉、魚介、野菜を選びます。

ベース(水分)は、水、牛乳、ヨーグルト、生クリームなどを単体で使ったり
合わせて使ったり。

好みと、具材との相性でしょうね。

特徴をまとめておきます。

ベース(水分)特徴具材カレー名称
何にでもあう。
あっさり、さっぱり仕上がる
鶏肉
豚肉
野菜・きのこ
チキンカレー
ポークカレー
マッシュルームカレー
鯵カレー
牛乳コクがでる。
生クリームよりあっさり。
生クリーム+水で置き換え可
豆乳でも可
鶏肉

豆類(ひよこ豆)
魚介
チキンカレー
玉子カレー
チャナマサラ
シーフードカレー
ヨーグルト(無糖)優しい酸味
とろみ
脂との相性良し
ひき肉
野菜
ラム肉
魚(ツナ缶)
キーマカレー
ほうれん草カレー
ラムカレー
ツナカレー
生クリーム濃厚(レストラン風味)
脂との相性特に良し
鶏肉
牛肉
野菜(かぼちゃ)
バターチキンカレー
ビーフカレー
パンプキンカレー
ココナッツミルク優しいとろみと風味
※粉末、缶で市販
鶏肉(手羽先)
豆類
野菜(なす)
魚(さば缶)
ココナッツチキンカレー
ミックスビーンズカレー
ナスカレー
サバカレー

肉や食用油など油を使ったり出たりする場合は
スタータースパイスや仕上げスパイスを使うこともできます。

カレーペーストさえあれば、冷蔵庫の中にあるものでカレーができそうです。

タイトルとURLをコピーしました