ソテーした料理に合うソースのキノコソース

料理のレシピ

先日テレビで紹介されていたキノコソース。

ソテーした、魚料理や肉料理にたっぷり添えて食べるソースとして紹介されていました。番組ではソテーした豚の肩ロースに同じ厚さ位のソースが乗せてありました。

スポンサーリンク

キノコソースとは

いろいろな種類のキノコのみじん切りを炒めてしょう油で味付けしたソースです。

豚肉、牛肉、鶏肉のソテーに醤油の香りのついたキノコソース。とても食欲がそそられます。タラ、スズキ、タイなどの白身、ブリ、カジキ、マヒマヒなどのソテーにも相性ばっちりです。

ミンチ肉を一緒に炒めて、ご飯の上に乗せるという方法もありそうです。

キノコソースレシピ

キノコはシーズンに合わせて手に入れやすいキノコなら何でも入れてもいいと思います。香りのよいキノコを選びましょう。

キノコソース材料

生シイタケ…6枚
ブラウンマッシュルーム…1パック
ホワイトマッシュルーム…1パック
玉ねぎ…1/2
ニンニク…1カケ

あわせタレ

 はちみつ…小匙1
 しょう油…大匙1/2

作り方

①キノコ類は石鎚を取り、すべてみじん切りにします。

②ためネギ、ニンニクもみじん切りにします。

③フライパンにサラダ油大匙1とにんにくをいれ中火で
 香りを立てます。
④玉ねぎを入れ、透き通るくらいまで炒めます。

⑤キノコ類をすべて入れ強火の中火で炒めます。

⑥水気を飛ばしながら8分から10分炒めます
⑦混ぜ合わせたタレをフライパンの中央部に流しいれ火を弱火にして5分から8分水気を飛ばしながら混ぜます。
⑧塩コショウ、ハーブ(ローズマリーなどあれば)をまぜ、味を調えます。

粗熱が取れたら、器に入れ冷蔵庫に、3日はもちます。それ以上は冷凍すれば1か月くらいは持ちますので、いろいろな料理に使えますね。

キノコソースを使ってみよう

ソテーした料理に掛けるソースとしてキノコソースをご紹介しました。私が見た番組では椎茸とマッシュルーム2種を使っていましたので、その通りの材料で作ってみましたが、いろいろなキノコが使えます。

ソテー料理のかけダレですが、このソースを料理の味付けとして調理することも可能です。

いろいろ試してみましょう。

鶏もも肉ソテー、キノコソース添え

鶏もも肉1枚

塩コショウして1時間ほど冷蔵庫でお休みいただき、フライパンで中火の強火で皮目から焼きます。

皮に焦げ目がついたらひっくり返します。

火を弱火から中火くらいでじっくり焼きます。
蓋をすると水蒸気がこもって皮がしんなりしてしまいますので、水分と余分な脂をペーパーで取りながら焼きました。

冷凍して置いたキノコソースを、別のフライパンで解凍しながら、炒めなおします。

肉を皿にのせて、その上にキノコソースをたっぷりとかけました。

キノコの香りと歯ごたえ、鶏の皮のパリパリ感と身の旨み。

ビールがすすむおかずになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました