ナン作り

料理のレシピ

カレーを作る頻度が上がってきましたので
奥さんと相談して、ナンを手づくりしてみようということになりました。

レシピ本で材料を調べてみると

8枚分で、

A 強力粉 500g
塩 小匙3/2
砂糖 小匙1
ベーキングパウダー 小匙2

B 卵1個
プレーンヨーグルト 大匙2
牛乳 カップ1/2

オリーブ油 大匙1
打ち粉 適量

となっていました。

さぁ、材料をそろえようとお家の在庫を調べて
近所のスーパーに行ってみると
この非常事態宣言。

「おうちですごそう」のためかスーパーで
小麦粉、強力粉、お好み焼き粉、たこ焼き粉など
小麦の製品は品薄です。

何とか強力粉は手に入れたものの
ベーキングパウダーはどうやっても
すぐ手に入れることができませんでした。

こうなったら、何とかせねばという意地のようなものが出てきます。

ベーキングパウダーの代用は何とかできないものかといろいろ探してみました。

ネットで出てきたのは
「ベーキングパウダーの代わりとして
もっとも頼りになるもののひとつが
クリームオブターターと重曹の混合物。」

クリームオブターター? なんじゃそれ?

酒石英といって、葡萄酒を作るときにできる結晶らしいけど
当然ケーキ作りやパン作りを度々しているわけでもないので
家にそんなものがあるわけもありませんね。

さらに調べてみると

「ベーキングパウダー小さじ1は
サワーミルク約120ccと重曹小さじ4分の1で
置き換えられる分量}ということ。

さらに「なお、サワーミルクがないときは、
牛乳約240ccにレモン汁大さじ1を混ぜ、
2分置けば作ることもできる。」

とります。

頭が混乱してきました。

整理すると
「 牛乳約240㏄+レモン汁大匙1をまぜて
サワーミルク約240ccを作り、
これに、重曹小匙2分の1を加えれば
ベーキングパウダー小匙2杯分に相当する。」
と読み解きました。

で、ナン8枚分の材料を

A 強力粉 500g
塩 小匙3/2
砂糖 小匙1
重曹 小匙1/2

B 卵 1個
ブレーンヨーグルト 大匙2

C 牛乳 240cc
レモン汁 大匙1

オリーブオイル 大匙1
打ち粉 適量

と置き換えて、作ってみることにしましたよ。

手順は

1. Aをボウルに入れて混ぜ合わせる
2. Bを別の器でしっかり混ぜ合わせる
3. Cを別の器で混ぜ2分置く
4. AのボウルにBを入れざっと混ぜ合わせる。
5. Cを少しずつAのボウルに入れながら混ぜる
粉っぽさが無くなて来たらオリーブオイルを加えて
まぜ、2分間ほどこねる。
※レシピ本ではBに牛乳100cc、5で水を150㏄ほど
使っていますが、今回はCで牛乳240cc使っているので
水は加えず。
6. 丸くまとめ、ラップを密着させて常温で2時間ほど置く
※記事がなめらかになるまで

7. 記事を8等分にして丸め、1個ずつラップで包み
30分ほど常温で休ませる。


8. すぐに伸ばすものは、ラップを外し台に打ち粉をしながら
楕円刑に伸ばす。


9. フライパンを中火で熱し、伸ばした生地を入れ蓋をする。
2~3分焼いたら裏返し、蓋をして約1.5分ほど焼く。

形は多少難がありますが、味は上々です。

これで、カレーと一緒に食べます。

コメント

  1. […] ですが、結局はベーキングパウダーが見つからず、ネット検索をして代替えで作りました。(参考記事:ナン作り) […]

タイトルとURLをコピーしました