サバの水煮缶でサバ寿司

料理のレシピ

日曜日の夕食はあるもので済ますのが我が家の習慣。冷蔵庫の中には豆腐、青ネギ、大葉、冷凍肉や魚の味噌漬けはあるのですが、奥さんはさっぱりしたものが良いといいます。

戸棚の中を覗くとサバの水煮缶がありました。ご飯も2合ほど炊いてありますので、じゃぁ押し寿司を作ろうとなりました。

スポンサーリンク

材料

さばの水煮(缶詰)…2缶(300g)
塩こうじ…小さじ3
酢…大さじ1
ご飯…2合
すし酢…大さじ3
しょうがの甘酢漬け…15g
青じそ…10枚

塩こうじ、しょうがの甘酢漬けは自家製のものが常備してあります。

寿司酢はべんりで酢が常備してあります。

下準備


1.サバ缶は水気を切って、ボールに入れ、塩こうじ・酢を加えて和えて10分ほど休めます。
2.ご飯にべんりで酢を加え、大葉2枚をみじん切りにしたものとショウガの甘酢漬けをみじん切りにしたものを混ぜ合わせ冷まします。

作り方

1.巻きすの上にラップを敷き、混ぜたすし飯を1合分くらい長ぼそく敷きます。

2.その上にサバを乗せ、大葉を乗せます。

3.ラップを巻き、その上から巻きすを使って押し固めながら形を整えます。

4.ラップを絞めて、冷蔵庫で30分程度置いておきます。

5.冷蔵庫から取り出し、ラップの上から切り分けお皿に盛りました。

小鍋で湯豆腐と一緒に頂きました

ちょっと押し方が緩かったようですが、味は合格。

今度は型を使ってやってみましょう。

温かい湯豆腐と相性は抜群でしたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました