そぼろ大根

料理のレシピ

肌寒い日に、暖かいメニューとして取り入れることの多いあんかけ。その中でも大根を軟らかく煮て餡をかけたそぼろ大根は奥さんともども好んで作るメニューです。

大根を下茹でする間に餡を作ると時間も短縮できるので、急に思いついたときでも簡単にできます。材料も大根としめじですから冷蔵庫の中に入っていることの多い食材です。

スポンサーリンク

そぼろ大根の材料と下ごしらえ

そぼろ大根の材料(2人分)

・大根 …200g
・しめじ…100g
・出汁…1/2カップ
・水溶き片栗粉…大さじ1

そぼろの材料

・鶏ミンチ(もも肉)…100g
・生姜…1かけ
・しょう油…大さじ2
・酒…大さじ1
・みりん…大さじ1
・砂糖…大さじ1
・水…大さじ2

そぼろ大根下ごしらえ

下ごしらえは簡単です。

1.大根を1㎝弱の厚さ(7,8㎜程度)に切る。
  好みで輪切りのまま、いちょう切りで。厚さはあまり厚くすると下茹での時間が長くなります。
2.しめじは石づきを切り、ばらしておきます。
3. しょうがは千切りにします。

そぼろ大根作り方

1. 大根を下茹でする

(1)フライパン、大きめの鍋でお湯を沸かし、大根を入れ強火で4、5分ゆでる。
(2)芯まで火が通ったら、ザルに上げる。

大根は下茹でして調理すると味が浸みやすくなりますね。苦みや匂いも取れます。

2. 鶏そぼろを作る

(1)火にかけていない鍋に、上の鶏そぼろの材料をすべて入れ、鶏ミンチとそのたの材料をヘラなどでよくなじませます。
(2)火を中火にし、時々混ぜながら、鶏肉がパラパラになるように2分程度火を通します。

大根を下茹でしている間に、鶏そぼろを作ると時間短縮になります。

3. 材料を合わせて煮込む

(1)鶏そぼろができたら、下茹でした大根、シメジ、出汁を加え蓋をして中火で3,4分煮る。
(2)大根が軟らかくなっていることを確認して、水溶き片栗粉をまわしいれ、とろみがついたら完成。
(3)器に盛り、好みで小口ネギなどを散らせる。

寒いときは簡単「鶏そぼろ大根」

温かい一品が欲しいときには簡単にできる「鶏そぼろ大根」は良く作ります。ご飯のおかずにするなら少し濃いめの味付けにアレンジしたり、お酒のお供ならあっさりと生姜の風味を強くしたり、その日の気分でアレンジするのも簡単です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました